【不動産コラム】不動産の相場って?

 

先日、こんなご相談を受けました。

『○○町の土地の相場を調べて欲しい!』

早速場所を調べたところ、そのエリアはほとんど土地の取引が無いエリアでした(ちょっとした田舎です)。

相場とは、需要供給で成り立っているものであります。

なので、もしそういった土地でも利用用途が見込めるのであれば、それなりの金額で売却することも可能ですし、逆に公的な不動産評価額がいくらあろうと、利用用途が無ければそんな評価額など無意味なものと言わんばかりに安くても売却することはできません(課税の為の意味合いだけ)。

逆もしかりで、物件がなかなか出にくいエリアであれば、希少性というプレミア価格がついて高く売れる場合もあります。

そんな調査などをすることにより、我々は物件を少しでも高く売るコンサルティングをしたり、逆に適正価格をお知らせすることにより、早期の売却をすることが出来るのであります。
もちろん、魔法ではありませんから不動産売却の依頼を受けてもご要望に沿えない場合もあるんですけどね。
ま、むしろ魔法のような高額査定をする不動産業者も中にはありますから要注意です。

それ、魔法じゃなくてただ売却依頼を取るためのマジックですから(笑)

 

 


Comments are closed